スピルリナって肩こりや偏頭痛にも効果がある?

現代人はパソコンと向かい合う機会も多く、それが原因で肩こりや偏頭痛に悩まされる方も増えていますね。これらの症状に対しても、神秘の微生物、スピルリナが役立つことが分かっています。

 

では、一体どういった働きで、これらの悩みを解消してくれるのでしょうか?

 

スピルリナで筋肉をサポート!

肩こり、偏頭痛といった症状が起こる大きな原因は、筋肉の緊張です。リラックス状態では緊張しない筋肉が、長時間同じ姿勢で作業していたり、あるいは精神的に緊張しているような時には、固くなってしまいます。

 

この状態が続くと、肩こりや偏頭痛といった症状が起こりやすくなるのです。

 

つまりこれらの症状を改善するキーワードの1つが筋肉であるわけですが、スピルリナには、この筋肉をサポートするのに役立つたんぱく質が含まれています。

 

スピルリナのたんぱく質は大豆よりもはるかに多く、これが筋肉をサポートし、肩こりや偏頭痛を起こしにくくしてくれるというわけです。

 

血行促進にも!

肩こりや偏頭痛は血行が悪くなっていることで発生しやすくなります。そこで、スピルリナを摂取すると、この血行を促進するのに高い効果を発揮します。

 

スピルリナにはγリノレン酸が豊富に含まれ、これは血行促進に役立つことで知られています。さらに、ビタミンやミネラルなどの栄養素も豊富に含まれるスピルリナを摂取することで、体全体の代謝が高まります。

 

こうして巡りが良くなることで、血液の滞りが改善され、肩こりや偏頭痛の悩みが解消されるというわけなのです。

 

まとめ

スピルリナに含まれる豊富な栄養素の数々は、肩こりや偏頭痛といったマイナートラブルの改善にも役立つことが分かります。

 

ただし、これらの効果は即効性があるものではありませんので、緊張を和らげる工夫をしたり、マッサージやストレッチなども併せて行うことが大切です。

 

その上で、スピルリナを習慣的に摂取していくことで、慢性的な肩こりや頻繁に起こる偏頭痛の症状を軽減することが可能になるというわけですね。